歯周病治療

日本の成人の90%以上が
歯周病と言われています

日本の成人の90%以上が歯周病と言われています

歯周病・歯槽膿漏と聞くと、なにかを食べる時に歯ぐきから血が出るというイメージがある方も多いかと思います。
歯周病は、細菌に感染することで歯周組織が破壊されていき、進行してしまうと歯を失ってしまう恐ろしい病気です。

現在、虫歯は治療技術の進歩によって減少の一途をたどっていますが、歯周病は増加しています。
歯周病は「国民病」であることを、私たちはもっと強く認識することが必要です。
サンライズ歯科では、「痛みがでにくく自分で気づきにくい」歯周病に関する正しい知識を患者さまに身につけていただき、
しっかり予防・治療していただきたいと考えています。

歯周病の原因

歯周病の原因

■プラークの付着

歯周病の最大の原因はプラークに棲みつく細菌(歯周病菌)です。歯周ポケットに入り込み、毒素を出すことで歯周病を引き起こし、進行させていきます。

■食事からブラッシングまでの時間が長い

朝食後・ランチ後・ディナー後など、食後のブラッシングを怠ってしまうと歯周病菌が繁殖し、歯周病になりやすい口内環境になってしまいます。

■噛み合わせ・歯並びが悪い

噛み合わせや歯並びが乱れていると、ブラッシングで汚れを落としにくくなることでプラークが残りやすくなり、歯周病になりやすくなります。

歯周病の治療

歯周病の治療

歯周病は、おもに歯肉が歯に接する付近に存在する歯垢中の細菌が原因で進行します。
歯肉と歯の間にできたポケットといわれるスペースが歯周病が進行するにつれ深くなり、細菌の増殖する空間が増え、歯肉を腫らし骨を溶かし、やがて歯は抜けてしまいます。

サンライズ歯科では、保険適応内の歯周検査やスケーリングなどの治療を通して歯周病の治療を進めていきます。
修復プログラムを実施し、患者様への負担を減らした治療を行っておりますのでぜひご相談ください。